出願方法&費用

入学審査と出願方法&費用

グリオン大学は私立大学であるため、厳格な入学基準を設けており、グリオン大学で学術的な成功を修め、グローバル・ホスピタリティ産業において良きリーダーになるべく志願者の選抜をしています。志願者の選抜において、当校のアドミッション部門(入学担当者)は志願者のプロフィール、これまでの成績、経験、課外活動、英語力のスコア、推薦状などを総合的に審査します。

出願方法&費用

1. グリオン大学日本事務局へ出願書類をメールもしくは郵送にて送付
«送付先»
グリオン大学日本事務局メールアドレス: japan@ec.sommet-education.com
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿4-2-16 パシフィックマークス新宿サウスゲート 7F
2. グリオン大学公式英語サイト(http://www.glion.edu/admissions)のオンラインアプリケーションより出願

どちらの出願方法を選ぶにしても、出願内容に不備や間違いが無いよう、十分に確認した上で出願してください。不備があった際は、日本事務局よりご連絡を致します。
※ 日本語のサポートが必要な方は、出願書類をグリオン大学日本事務局へご送付、もしくはオンライン出願をされる前に、一度グリオン大学日本事務局までご連絡をお願いいたします。ご連絡をいただけない場合、出願時及び入学後日本語のサポートを受けられない場合がございます。

学士課程プログラムへ出願される方: グリオン大学への出願後、当大学の入学担当者よりご連絡を差し上げ、入学審査のための面談の日程・時間を決めます。この面談により、志願者の目的、将来の方向性、グリオン大学で学ぶ意志などを確認します。面談は英語で行われます。電話、スカイプを通じて行われるのが一般的ですが、入学担当者が日本を訪問している際は、グリオン大学日本事務局(東京・新宿)にて面談を実施することも可能です。

各プログラムの出願条件一覧

グリオン大学は通年で願書受付しています。志願者が全ての必要書類を提出した時点で審査が開始し、合否結果が発表されます。審査期間は通常、3週間程度です。入学日により締切日が異なりますので、詳細につきましては日本事務局までお問い合わせ下さい。

学士課程プログラム
学士課程プログラムの入学条件は以下のとおりです。
  • 17.5歳以上であること
  • 高校卒業者
  • TOEFL iBT 70以上、IELTS 5.5以上(各セクション5.0以上)
    ※全ての試験は出願日よりさかのぼり12ヶ月以内に受験しているものに限る。
    ※IELTS 5.0(Overall)の場合、6週間の英語クラスを受講する事で入学可能
    ※IELTS 4.5(Overall)、TOEFL iBT42以上の場合、英語プログラムから参加可能
修士課程プログラム
修士課程プログラム(Master of Science)の入学条件は以下のとおりです。
  • 21歳以上であること
  • 大学卒業以上
  • TOEFL iBT 83以上、IELTS 6.0以上(各セクション5.5以上)
    ※ロンドン校に出願する場合はIELTS UKVI 6.0以上(各セクション5.5以上)が必要です。
    ※全ての試験は出願日よりさかのぼり12ヶ月以内に受験しているものに限る。
MBA & 国際ホスピタリティビジネス理学修士課程
修士課程(MBA&理学修士)の入学条件は以下のとおりです。
  • 大学卒業以上+3年間以上就労経験
  • TOEFL iBT 83以上、IELTS 6.5以上(各セクション6.5以上)
    ※全ての試験は出願日よりさかのぼり12ヶ月以内に受験しているものに限る。